ワンデーシニア戦

皆さん、こんばんは、KOJIです。

え~、前回HANAがブログで書いたように、
先日日曜日にダンスに関するとある資格の講習会がありまして、
けっこうDSC役員も揃ったんで。
ついでに講習会の後に北海道DSCの理事会を開いてみました。

内容は今年の5月28日(日)に開催予定の
第17回北海道DSCダンススポーツ競技大会についてです。

ポスターもつい先ほど完成しました。
広報部MIKAの力作だよ(^^)

ポスター2017
なかなかカッコいいね。色っぽいね。
ん??誰だろう(笑)?

さて、今回のシラバスこんな感じにしてみました。
クリックして見てみてくださいね。無事に公認番号も取得済みです。

まぁほとんど去年と一緒ですが、
ちょっとだけ区分を増してみましたよ。
その新しい区分は、我が北海道DSCが産み出した
あの自由企画「ワンデーカップル戦」をちょっと少し細分化して、
「ワンデーカップルシニア戦」なる区分を作ってみたんです!

「ワンデー」が誕生して今年で一体何年目だろうか。
ちょっとテコ入れです。

「ワンデーカップル戦」が年齢もキャリアも全く自由な区分だとしたら、
「ワンデーカップルシニア戦」年齢とキャリアに制限を設けました。

シラバスを見ただけだとちょっと分かりにくいかもしれないので
ここで「ワンデーカップルシニア戦」の概要を説明します!!

まずは今までの「ワンデー」同様、
カップル登録しているカップル同士は出場不可です。
つまりはいつも組んでる相手とはダメよ、ってこと。
それと女性同士の出場も可能です。
ここまでは今までと同じね。

さてここからが新たな
「ワンデーシニア」の制限です。
年齢ですが、男女共に40歳以上にしました。
キャリアも、リーダーとパートナーどちらも競技選手同士というのは不可です。
どちらか片方のみが競技選手というのは可です。
ちなみにどちらも選手登録していないカップルも、もちろん出場可です。

あと、スタンダード・ラテン共に
今回の「ワンデーシニア」は単科戦にしてみました。
ワルツ戦、タンゴ戦、チャチャチャ戦、ルンバ戦です。

もちろん『ワルツとタンゴどっちも出る!』とかも可能。
もっと言うと、「ワンデー」と「ワンデーシニア」のダブルエントリーも
出場資格制限さえ満たしていれば可能ですよ。
40歳以上の人なら最大6区分に出れるんじゃない?
エントリー料もお手頃価格なんで(会員なら1区分1500円)ぜひ!!

ちなみに「ワンデーカップル戦」の方はほんと自由です。
いつも組んでる相手と以外なら誰とでも♪
競技選手同士も可にしてます。

まぁ、ワンデーシニアは
今回初めてやる区分なのでよく理解できない部分もあると思います。
そんな時は遠慮なくお問い合わせフォームなり、電話なりで聞いてくださいね。
お待ちしてますよ(^^)

「ワンデー」の誕生でダンスの楽しみがちょっと増えて広がったかなぁと思います。
そもそも私が「ワンデー」を作ったのは
一人でも多くの方に
競技ダンスに興味を持ってもらいたいと思ったからなんですけど、
なんか競技選手同士・競技選手たちそのものが楽しみだしちゃったような・・・。
それはそれで良かったんだけど、
私の当初の構想とはちょっとズレちゃったような気がしてきまして、
今回新たに「ワンデーカップルシニア戦」を作ってみたわけなんです。
どうなるでしょうねぇ~~。

ぶっちゃけ、今の「ワンデーカップル戦」は当初の私の考えを超えて
どんどん成長しているような気がします。
4月の前期大会でも開催されますしね。(特許取っておけばよかった(笑))
私の手を離れてどんどん大きくなっていってくれたなら、
それはそれで嬉しいことです。

色々と語りましたが、ワンデーとかワンデーシニアに対する私の思いを理解してもらえたでしょうか。
たくさんのダンス愛好家の出場をお待ちしています。
きっと楽しいですから。
今回はとりあえず様子見で見学して次回に出場って手もあるよね。
まずは見に来るだけでも!どうせ入場無料だし。

5月の末だからあと4ヶ月くらい。
新たな相手を探して、足型決めて練習することを考えると
うかうかしてられませんよ~。
さぁ皆さん、準備に入りましょう。
KOJIHANAもそれぞれ誰と出ることになるでしょうね。
その辺りもお楽しみに・・・。

というわけで、今日はこの辺で!
これからも随時、競技会の詳細を発信していきます!


社交ダンス ブログランキングへ

公式ホームページのフォトギャラリー
今のところ、「第14回DSC大会」までさかのぼって写真掲載しました。
ぜひ覗いてみてくださいね。byHANA
スポンサーサイト

コメント

Secret

良いアイデアですね。

おはようございます、良いアイデアですね、私の所属する県でもやればいいのにと思います。楽しそうな感じが想像できます。

>恭平さん

おはようございます!(^^)
そうなんですよ、「ワンデー」すっごく面白いですよ~。
見てる方にも好評です。
出る方はけっこう大変ですけどね(笑)
「足型どうする?」とか、練習時間の確保とか。
でもそんなドタバタも含めて楽しめるんです。
私も今から「ワンデー」のリーダーさんと第一回練習に行ってきます!

新しい試みですね!

色々アイデアを出されて、本当にご苦労様です。

これが皆さんに広まって、競技を身近に感じ、参加者が増えると良いですね。

ワンデーシニア戦、沢山の出場者が現れることを期待しましょう(^o^)

事務局の皆さんは本当にご苦労様です。

HANAさんはもう当日に向けスタートしたのですね。ガンバ、ガンバです(^o^)

ポスター

とても素敵なポスターです
制作者のMIKAさんの腕は最高ですね
ところで、ダンスタイムがあるとのことですが、どういうタイミングで行うのでしょうか?
見れるタイムテーブルがあれば教えてください
観客集めに効果がありそうですね

>亀さん

亀さん、いつも温かく見守っていただきありがとうございます!
ワンデーのシニア戦、どうなることやら、やってみないとわからない状態です。
なるべく平等に、参戦する選手全員が楽しくやりがいのある競技になってほしいのですが
なかなかそれも難しいもので・・・。

だけどほんと、ワンデーカップル戦・ワンデーカップルシニア戦は、
たとえ出場しなくとも、見ているだけでも面白いと思うのです。
亀さんも、もし良かったら観戦に来てくださいね^^
(もちろん、参加してほしいというのが本音ですが(笑))

>ありがとさん様

ポスター、褒めていただきありがとうございます!!
・・・って、私が作ったんじゃないんですけど(笑)
ほんとMIKAちゃんは天才です!頼り切ってます・・・。

ダンスタイムは、お昼休みの1時間弱をあてています。
今回の競技会のタイムテーブルはまだ作成に入っていませんが、
よろしければ一昨年のタイムテーブル、ご覧になってください。
http://www.hokkaido-dsc.jp/pdf/timetable2015-5.pdf
(旧ホームページのデータを使用しているので、4月頃には見れなくなっちゃいますが。)

本当はもっと観客の皆さんが参加できるような時間を多く取りたいのですが、
時間的にけっこう厳しくて・・・。ダンスタイムも年々短くなってます。
ちなみに数年前は、「ダンスうんどう」を同じく競技会の昼休みあたりに
輪になって選手・観客みんなで踊る、という企画もやってました。
「ダンスうんどう」、ご存知でしょうか。
小樽の小林英夫先生が研究開発したダンスの初心者学習法として、独自に考案したもので
とっても面白いんですよ。意外と難しいし・・・。

少しずつダンス人口が減っていく中、
どこも色んな工夫をしていかなければなりませんね。
知恵を出し合えたらいいですね(^^)

タイムテーブル有難うございます

ダンスタイムは昼時間を利用しているんですね
競技大会は、ほとんど選手のみの集まりになっていて、広がりが有りません。
山形でも可能か検討したいと思います
小林先生の「ダンス運動」指導員講習会でも取り上げましたが、山形では余り普及していない状況です
ワールドスタイルダンスなど、これから普及のツールになるのでしょうか?
ワンディーカップル戦も良いアイデアと思います
先進地、北海道に学ぶこと大いに有りです
ダンス人口減少に歯止めをかけるため頑張りましょう!

>ありがとさん様

こちら北海道でも、観客の方を呼び寄せるのはなかなか大変です。
北海道DSCでは宣伝をとにかく力を入れていて、
エントリー締め切りまでは選手向けへのポスターで宣伝、
締め切り後は見に来る方向けのポスターに張り替えてます。
つまりポスター2種類作ってるんです。
ただ「来てください」だけでなく、「ここが見どころ!」のように
目立つような・記憶に残るようなキャッチフレーズを心がけてます。
http://hokkaidodsc.blog.fc2.com/blog-entry-264.html

選手向けにも、北海道外からも参戦していただきたくて
過去に参戦していただいた本州の方々へ
手書きのお手紙と、宣伝チラシを作って郵送しています。
http://hokkaidodsc.blog.fc2.com/blog-entry-267.html

・・・というように、地道な努力を続けてます(笑)

「ダンスうんどう」は実は私、まともにできません(^^;
ちゃんと習ったことないし意外と難しくて!
でもジュニアの子たちが大きな輪になって踊ってるのを競技会中に見て
「すごい~!」ってびっくりした覚えがあります。
ラテン踊るのに必要な要素がふんだんに入ってるんですよね。
存在を知ることができただけでも、競技会中に取り入れたのは意味があったと思います。

ほんと、お互いにアイデアを出し合って協力して、
ダンス界全体を活気づけられたらいいですね(^^)

カウンター
プロフィール

KOJI&HANA

Author:KOJI&HANA
北海道DSC役員の2人が、つれづれなるままに語ります。
ダンスのこと・イベントのことはもちろん、色んな裏話も書いちゃうかも?!
 
社交ダンス ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇ブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: