しぇり~

なんだかお久しぶりのHANAです。こんばんは。

やはり3月~5月は社会人ダンサーは辛いですね・・・忙しい(><)
働かないとダンスするお金だって無いんだから仕方ないですけど~。

私もバタバタしてて、そして上司が変わったりもして、
その新上司との面接で
『あ、HANAさんはダンスやってるんだよね。引き継ぎ書に書いてあったよ(^^)』
と言われ、ありがたいやら恥ずかしいやら(笑)。
業務に支障がないように気を付けてるつもりですが、
う~む、これはますます注意しないと。


今週末は北海道知事杯争奪・北海道DS選手権だというのに、
・・・うん、思うように練習行けないです。。。
非常~に不安ですが、でも忙しいのは皆同じ!
どんな結果になろうとも、それは自分の実力だと思います。ガンバロ。


さてさて。

何やらKOJI『禁句』という記事を書いてましたが、
HANAにも「言われるとグサッ!と来る言葉」ってあります~。

その中の一つに、(まぁコレは言われても仕方ないことでしょうけど)

『ねぇ、ちゃんと曲(音)聞いてる?』

というのがあります。

音に外れてるとか、曲に合ってないとか、
音楽系のことをけなされると、とっても傷つきます・・・。

一応、子供の頃からず~~っと音楽をやっていたので
それなりに自信があったのですよ、音感に。

だけどダンス始めてわかったけど
「私って耳悪いのかも」
「思ったよりリズム感ないかも」
「音取れない・・・」

ってことがあまりにも多いっ!!!

その後、とある先生に
「残念だけど、自分で音楽を演奏できるってことと、自分の体で音楽を表現できるっていうことは、
微妙に違うんだよね・・・」

と言われて、あ~~そうかぁ~~っ!!って哀しいけど納得しちゃいました(笑)

それ以来、「私は音を取ることが苦手なんだ」って思うようにして、
余計なプライドは持たず、素直に一生懸命曲を聴いて動くようにしてます。

・・・まぁ、それでもよくKOJI
「音!聞いてる?!って怒られるんですけど。グスッ。



音を取るのが苦手でも、私は好きな曲には敏感ですし、曲の記憶はけっこう残ります。

今でも初めて競技会に出た時にかかったワルツの曲を覚えていて、
それがどこかで掛かると「あ!初めて大会で踊った曲!」って思います。
(それこそちょうど5年前の前期北海道DS選手権1級戦でした。懐かし~)

それと、レストランとかカフェなどでBGMを聴いてると
「あ、これでチャチャ踊れるなぁ」とか「ワルツ?!」とか
「おぉ!まさにサンバじゃん!」とか思ったりしませんか?
あまりに集中して聴き過ぎて、一緒にいる人との会話が耳に入らなくなって困ります。

以前、職場では営業時間中に常にクラシックの有線が掛かっていたのですが、
おかげでノイローゼになりそうでした・・・。
どうしても耳が音を追ってしまい、仕事に集中できないんです(涙)


まぁ、それはともかくとして。

私は好み上、ダンス音楽でも自然とピアノで演奏された曲」に反応します。
好きな曲もほとんどがピアノ演奏のものかな?
特にワルツにはピアノが用いられてる曲が多いような。

で、そうなると「自分でも弾いてみたい!」という欲求に駆られるのですが、
哀しいかな、私は絶対音感はナイので耳コピできないのです。
弾くには楽譜が必要!

だけどそもそもレッスンや練習場でかかる曲の曲名ってほとんど知らないんですよね。。。
だから楽譜を探すこともできない。
そして多分、楽譜自体が発売されてないんじゃないかとも思います。

日本人の方が作曲したものや、すごく有名な昔からある曲ならあるんですけどね。


そうそう、例えばワルツで、よく大会でも練習場でもかかる、
「♪シェリ~~っていう曲、あれって曲名は何ですか??
歌い出しも・サビも「♪シェリ~~っていうやつです(笑)
これもピアノバージョンがあるんですよね。
ぜひとも弾いてみたいんですが、曲名もわからず楽譜も手に入らず・・・。
求ム、情報!(笑)


最後に余談ですが、
ラテンで好きな曲が多いのは断然、サンバです。
ノリがいいですし、きっと多くの方がそうだと思います。
で、「あ~、いい曲!(機会があれば)デモで使いたいっ!」とか思うんですが、

KOJIHANAにとって
サンバってどの種目よりも一番苦手で最悪な種目なのです(笑)
(先生にも「サンバが一番ヘン!」と言われる)

仕方ないので聴いて口ずさんで楽しむことで留めております(笑)
あ~、いつか好きなサンバの曲で思い切り踊りたいもんです。



以上、なんだかダラダラと書き連ねました。
今週末の大会に出る方、がんばりましょうね~(^^)

ではでは、HANAでした。
スポンサーサイト

テーマ : 競技ダンス
ジャンル : スポーツ

コメント

Secret

シェリー酒?

まいどYUKIです、|ω・`)ノ |Юお邪魔しま~す♪

グランドピアノを持っているHANAちゃんが「ちゃんと曲を聴いてる?」と言われるのはツライですよね。

でも、先生の言われた「残念だけど、自分で音楽を演奏できるってことと、自分の体で音楽を表現できるっていうことは、微妙に違うんだよね・・・」

と言うのがなるほどなぁ~~と思うお言葉でした
(。-`ω´-)ンー

音楽と言えば、音の取り方一つにとっても、その人の個性が出てきますし表現するのって難しいですね♪
私たちは練習では音楽が聞こえるのに、試合になると聞こえなくなっていますから…
普段からダンス音楽は車の中などで聞いてはいますが、練習では音楽なしで踊ったりしている事が結構あるので、そういったことも関係しているのかも知れませんね
実際に曲に体を任せて踊る癖をつけて行かないとダメなんだと思います。
カウント数えて踊っているようじゃダメなんだな~~~
( ̄▽ ̄;)アハハ…

>YUKIさん

一昨日の練習でも「音に速いっ!」と怒られたHANAです・・・(笑)
どうも音は「聴こえてる」んですが、どうしても「速く動いてしまう」らしい。
スタンダードでもラテンでも同じです。
あ、でもスタンダードは「足さばきは遅いっ!」とも言われるので
う~~む・・・難しい。

練習の時から曲に合わせてガンガン踊らないとダメですよね。
そもそも私なんて「カウント」がわかってないしっ(笑)!
「そこの足型、カウント言いながら踊ってみて」と言われると固まります(><)
そこからの問題かよってお話です。
そしてカウントで踊れるようになって満足しても、
YUKIさんの言うように、イザ曲で合わせてみるとアレ!?ってことに・・・。
うぅぅぅ、時間がいくらあっても足りないですね(;;)
カウンター
プロフィール

KOJI&HANA

Author:KOJI&HANA
北海道DSC役員の2人が、つれづれなるままに語ります。
ダンスのこと・イベントのことはもちろん、色んな裏話も書いちゃうかも?!
 
社交ダンス ブログランキングへ

にほんブログ村 演劇ブログ 社交ダンスへ
にほんブログ村

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: